ムカデ類・ヤスデ類・ゲジ類の被害と駆除方法

ムカデ・ヤスデ共に発生するには何か発生原因があるはずです。例えば、周囲の環境だったり、天気の悪い日が続いたりなど、ほかの昆虫が原因など。
被害から住まいを守るためには、何が原因か?そこを理解し対処することが重要です。
ここでは、ムカデ類・ヤスデ類・ゲジ類の被害や駆除方法をご紹介いたします。

ムカデ・ヤスデ・ゲジの被害

刺咬
ムカデは餌となるゴキブリなどを捕食するために家屋に浸入し、靴や寝具の中、隙間に潜んだりします。気づかずに触れてしまうと咬みつかれ、激しい痛みを伴います。人によっては目眩や呼吸困難、血圧の低下などのアナフィラキシーというショック状態に陥ったり腎不全を起こした症例もあります。
不快
ヤスデはその容姿から不快害虫とされます。湿度の高い時期にしばしば大量発生して家屋の外壁や、家屋内に浸入することもあります。また、ムカデやゲジは夜行性の為、夜間活発に動き、室内の壁を這ったりします。
悪臭
ヤスデは防御の為、胴部の臭腺から刺激物を分泌し、悪臭を放ちます。この分泌物の成分は青酸やヨードであるため、皮膚につくと痛みを感じます。また、目に入ったりすると、激しい疼痛を引き起こす原因となるので注意が必要です。

ムカデ・ヤスデ・ゲジの駆除方法

薬剤による駆除
発生状況や建物の構造に合わせて施工方法を決定します。
液体薬剤散布処理 、粒剤粉剤散布処理、高性能微粒子噴霧(ULV)処理 、残効性薬剤処理 など
環境改良
庭の傍らに不用品が置かれたりして湿気が多いところはムカデやヤスデが好む場所があると、抜本的な解決にはなりません。薬剤の対処は効果がずっと続くわけではありませんので、環境整備が必要です。
餌をなくす
上記のような環境改良と共に、ムカデやゲジの餌となるクモやゴキブリなどの害虫を対処することが、結果としてムカデなどの対処にもつながります。


      


駆除・対策・予防のご相談・お問い合わせは、

対応地域

大阪・兵庫・京都・奈良
滋賀・和歌山・岡山・鳥取

お問合せフォームはこちら












 
 










コンテンツ

 中部ホームプロテクト株式会社HP
 中部ホームプロテクトHP
 関西イタチ相談センター
 関西ネズミ相談センター
 関西ハクビシン相談センター
 関西アライグマ相談センター
ブログ

Copyright(C)2013 中部ホームプロテクト株式会社 All Rights Reserved.